音楽、ゲーム情報
*

人間的な、あまりに人間的な。大杉漣の全身全霊(dmenu映画)

(公開: 2018年10月02日)

[ 元の記事 ]
出典元: (C)「教誨師」members

今年2月に急逝した大杉漣、最後の主演作『教誨師』が10月6日より公開される。

多くの映画を支え、多くの映画人に必要とされ、多くの観客に愛された俳優。それだけについ感傷的な気持ちでスクリーンを見つめてしまうかもしれない。だが、本作が彼にとって最初のプロデュース作品であることを想起するならば、涙は無用だ。この映画における大杉漣の勇姿は、徹頭徹尾「現在進行形」である。大杉漣は大杉漣にしかできないことを、ここでやり遂げている。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。