Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/elf66/shopnshopdirectory.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
音楽、ゲーム情報
*

カルト映画をリメイク!イーライ・ロスが支持される理由(dmenu映画)

(公開: 2018年10月17日)

[ 元の記事 ]
出典元: 『デス・ウィッシュ』10月19日公開 (c)2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

9月に閉幕した第75回ベネチア国際映画祭で披露され、賛否両論を巻き起こした傑作ホラーのリメイク『サスペリア(原題)』(2019年1月公開)をはじめ、企画段階でありますがスティーブン・スピルバーグ監督による『ウエスト・サイド物語』や、ニール・ブロムカンプ監督による『ロボコップ』など、ハリウッドで名作映画のリメイクが相次いでいます。

リメイク作品は、映画ファンに納得してもらう上でオリジナル版へのリスペクトが欠かせません。ファン目線でいうならば、オリジナル版との着眼点や演出、構成などの違いを比較してリメイクを楽しむのもまた一興です。

そこで注目したいのが、“ホラー映画の新帝王”と称されている鬼才イーライ・ロス。彼は、企画をセレクトするセンスが独創的で、自身が影響を受けた大好きなカルト映画をリメイクしまくっているのです。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。