音楽、ゲーム情報
*

佐藤健ら超豪華キャスト&アカデミー賞受賞スタッフが集結! 『サムライマラソン』特報映像公開(ぴあ映画生活)

(公開: 2018年11月21日)




[ 元の記事 ]
出典元: 『サムライマラソン』

佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己ら日本を代表する超豪華キャストと、アカデミー賞受賞歴を誇るスタッフが集結し、土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』を映画化。公開日が2019年2月22日に決定し、特報映像が到着した。

時は幕末。安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里(約58キロメートル)の山道を走る遠足を開催する。だが、これが幕府への反逆とみなされ、安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれる事態に。この危機を知った男は、計画を食い止めるため、走り出し……。

日本初といわれるマラソン大会“安政遠足”を舞台に繰り広げられる、全く新しい幕末エンターテインメント。公開された特報映像は、「行きはマラソン、帰りは戦」というキャッチコピー通り、侍たちの走る姿や迫力の剣術アクションが確認できる。

主演の佐藤健が演じるのは、唐沢甚内。一見すると平凡な侍だが、実は幕府のスパイとして藩に潜入している忍びという顔を持つ。遠足参加中に、藩に迫る危機をいち早く察知する役どころだ。

藩主・板倉克明を長谷川博己、その娘・雪姫を小松菜奈、藩主の重役で野心あふれる侍・辻村平九郎を森山未來、侍に憧れる足軽・上杉広之進を染谷将太、唐沢の上司・植木義邦を青木崇高、隠居を言い渡された老侍・栗田又衛門を竹中直人、安中藩に刺客を放つ幕府大老・五百鬼祐虎を豊川悦司が演じる。さらに、門脇麦、中川大志、小関裕太、阿部純子、奈緒、福崎那由他など注目の若手俳優たちも名を連ねる豪華さだ。

企画・プロデュースはアカデミー賞9部門受賞した『ラストエンペラー』のジェレミー・トーマスと、『おくりびと』の中沢敏明。『十三人の刺客』を手がけたコンビが再びタッグを組む。メガホンを執ったのは、ジェレミー・トーマスが抜擢したバーナード・ローズ監督。音楽は『めぐりあう時間たち』などで3回アカデミー賞作曲賞ノミネート経験を持つフィリップ・グラス、衣装デザインは『乱』でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したワダエミなど、世界の第一線で活躍するスタッフが集結した。

『サムライマラソン』
2019年2月22日(金)全国ロードショー