音楽、ゲーム情報
*

小松菜奈の心をまっさらにした!?“愛の鞭”とは?『来る』インタビュー(dmenu映画)

(公開: 2018年12月08日)

[ 元の記事 ]
出典元: 撮影=キム アルム

ピンク色の髪にド派手なメイク。いわば場末感のある風貌に、比嘉真琴を演じているのが小松菜奈だとは、にわかに信じられなくなる。それほどに『来る』でのヴィジュアルは衝撃的で、なおかつ異彩を放っている。

「髪がピンク、というのは当初から決まっていたんですよ。台本で知紗ちゃんが『ピンクちゃん、ピンクちゃん』って呼ぶ箇所があったので──。でも、そこはリアルに3歳児ということで、本番では呼んでくれなかったんですけど(笑)。ただ、中島監督の中でも、髪の長さや色、タトゥーや服装と、見た目がものすごく派手だという比嘉真琴のイメージが、すでにできあがってはいたみたいなんです。映画を見る人たちには『真琴を演じているのは誰なんだろう?』と思われるかもしれないんですけど、いわゆる先入観ナシで見てもらえるのがいいなと、私は思っていて。正直なところ、『ピンクの髪をしたキャバ嬢の霊媒師』という役柄でのオファーを聞いて、『これはチャンスだ!』と直感したんです。