音楽、ゲーム情報
*

Mrs. GREEN APPLE「感情が追いつかなかった!」 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』コメント公開(ぴあ映画生活)

(公開: 2018年12月25日)

[ 元の記事 ]
出典元: 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

現在MovieNEXで発売中の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。この度、幅広い世代から支持を集める超人気バンド・Mrs. GREEN APPLEから、本作やマーベル作品に関する激アツコメントが到着した。

その他の画像

先日、2019年4月26日公開の劇場最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』の予告編映像が公開されると、24時間で2億8900万回という驚異的な再生回数を叩き出し、世界中で大きな話題に。その最新作につながるのが、映画史上最大の衝撃作と言える本作だ。

本作は、世界累計興行収入20億ドルを突破し、日本でも興行収入37億を超え、観客動員は延べ250万人を突破。2012年に公開した『アベンジャーズ』を抜いて、“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”シリーズ史上1位の記録を更新した。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”と、宇宙にうごめく悪の背後に存在し続けてきた、最凶最悪の“ラスボス”・サノス。地球を破壊できるほどの圧倒的なパワーを持つサノスの野望は、宇宙に生きる者の半数を救うために、残りの半数の生命を消し去るというもの。6つすべてが揃うと、指をパチンと鳴らすだけで、全宇宙の半分の生命を滅ぼすほどの力を手に入れられるというインフィニティ・ストーンを狙うサノスに対し、アベンジャーズが立ち向かう!

“ミセス”の略称で親しまれるMrs. GREEN APPLEは、2015年にメジャーデビュー。今年4月にリリースした3rdアルバム『ENSEMBLE』を携えて行なったツアーでは、全国で4万人を動員した注目の5人組バンドだ。今まさにブレイクの時を迎えている彼らが、メンバー全員がハマっているという『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』とマーベルの魅力について語りつくした。

彼らは本作の劇場公開時、メンバー全員が集まって映画館に観に行き、その後もMovieNEXで鑑賞したという。キーボードの藤澤は「大森と僕が先に見て衝撃を受け、『これはぜったいみんな見たほうがいい』と思って、オフの日に映画館に誘いました」と劇場公開時を振り返る。ベースの高野は「始まりからいきなり容赦ない展開で、ソーと弟のロキを襲った運命にドキドキしました。上映中『ええーっ』って心の中で叫びながら手を握りしめてしまいました」と衝撃を受けた様子。ボーカルの大森は、「ラストはあまりに衝撃的で、感情が追いつかなかった。日常ではありえないほどの喪失感を味わって打ちのめされました」と話し、ギターの若井は、「僕はずっとニヤニヤしていました。喪失感だけじゃなく、ヒーロー映画としてのかっこよさもありました」と、自身が大好きなキャプテン・アメリカの登場シーンに興奮したと目を輝かせる。ドラムの山中は「敵のサノスが好き」というが、高野は「サノスはとにかく強すぎる。もう無敵だよね」と口々に感想を語った。

マーベル作品には、メンバー全員が熱中しているという。マーベル作品の魅力について大森は、「ヒーローひとりひとりの背景がしっかり描かれているので、どのキャラクターにも感情移入できるところ」と回答。「ヒーローがたくさんいるので、『この人が好き』とハマりやすい。誰が見ても、自分自身を投影できるキャラクターがいるはず」という高野のコメントに対し、大森は「本当にそう。うちのメンバーが全員ハマったように、男女を問わず、みんなが楽しめるシリーズだと思います」と熱く語った。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイトでは、Mrs. GREEN APPLEのコメント全文が公開! さらに、梶裕貴(声優・俳優)、山本希望(声優)、超特急・ユースケ、佐藤寛太(俳優)といった超豪華メンツもコメントを寄せている。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー MovieNEX』/4,200円+税
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD MovieNEX』/8,000円+税
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD MovieNEX プレミアムBOX(数量限定)』/10,000円+税
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション(初回限定)』/14,000円+税
初回限定豪華特典ブルーレイ付き発売中 
デジタル配信中