音楽、ゲーム情報
*

クリント・イーストウッド『運び屋』新予告映像&場面写真公開(ぴあ映画生活)

(公開: 2019年02月07日)

[ 元の記事 ]
出典元: 『運び屋』

巨匠クリント・イーストウッド監督の最新作にして主演作『運び屋』が、3月8日(金)より公開される。この度、本作の新予告映像と場面写真が公開された。

『運び屋』新予告映像

「今のハリウッドには自分が演じられる作品がない」と、一時は俳優引退をほのめかしたイーストウッドだったが、彼の心を動かしたのはアウトローの実話だった。主人公は、仕事一筋で家庭をないがしろにした挙げ句、事業の失敗で家財の一切を失ってしまった孤独な老人アール・ストーン。彼は、一度に13億円相当のドラッグを運ぶことを決意する。

イーストウッドが演じるアールを追い詰める麻薬取締局の捜査官役には、『アメリカン・スナイパー』『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパー。さらにローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィーストが脇を固め、実娘であるアリソン・イーストウッドが主人公の娘を演じる。

今回公開された場面写真には、眉間にしわを寄せて何かを見つめるアールの姿が。また新予告映像には、麻薬取締局捜査官たちが「信じられない距離を走っている」と驚愕する様子や、アールが「これで最後だ」と意味ありげに独白する場面が映し出されている。

『運び屋』
3月8日(金)全国公開