音楽、ゲーム情報
*

松坂桃李が体現する現代ならではの時代劇ヒーローの素晴らしさ!(dmenu映画)

(公開: 2019年05月20日)

[ 元の記事 ]
出典元: (C)2019 映画「居眠り磐音」製作委員会

2019年は時代劇映画のラッシュと謳われていて、既に1月『映画刀剣乱舞』『闇の歯車』、2月『サムライマラソン』、4月『多十郎殉愛記』などが公開されている。

色気バツグン!松坂桃李、侍の姿【写真】

そして5月17日より公開される『居眠り磐音』は、元号が平成から令和に代わって最初の時代劇映画となる。
(ちなみにこの後も『武蔵-むさし-』『二宮金次郎』『引っ越し大名!』『決算!忠臣蔵』など続々公開予定)

こうした流れの中、『居眠り磐音』は久々に時代劇映画ならではの伝統的ヒーローを復活させた快作として大いに讃えたいものがある。そのことを論考していきたい。