音楽、ゲーム情報
*

『ゴジラ』が満足度レースでキングに! 観客の“大興奮”ポイントは?(ぴあ)

(公開: 2019年06月05日)

[ 元の記事 ]
出典元: 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 (c)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

「ぴあ」調査による2019年5月31日、6月1日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、ゴジラ、モスラ、ラドン、そしてキングギドラが壮絶な戦いを繰り広げる『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が、幅広い世代から支持を集めて第1位になった。

その他の画像

本作は、2014年にハリウッドで製作された『GODZILLA ゴジラ』の5年後の世界を舞台にした作品で、世界各地に怪獣たちが次々に姿を現す中、再び目を覚ましたゴジラと人類の運命が壮大なスケールで描かれる。

劇場には子供から70代までの観客が足を運んでおり、上映後の出口調査では「大音響の中、スクリーンで巨大な怪獣たちを観ると圧倒され、作品の中に飲み込まれた」「ゴジラ好きとしては最高の展開だった」「CGがパワーアップしていて音響もBGMも効果音も迫力満点!」「圧倒的な映像美と日本を意識した音響で魂が揺さぶられた」など、映画館ならではの醍醐味を味わえた興奮を話す人が続出。

またゴジラ作品が好きだと話す人たちからは「満足度は1000点つけたいくらい良かった!」「破壊だけではなく、そこに形式美も加わったような描き方が印象に残った。特にキングギドラにそれを感じた」「始まった瞬間から最後まで怪獣! とにかく怪獣!って感じで、その潔さが観ていて気持ち良かった」「制作者が今までのゴジラシリーズの解釈を盛り込んでいる様子が伺える。外せない部分はしっかりと残していたところも良かった」など絶賛の声があがった。

中には「前作から5年だったが、次はもっと早く観たいと思えるような作品だった」と話す人もおり、早くも『ゴジラVSコング(仮)』に期待を寄せる声も。本作は、“モンスター・バース”シリーズとして製作された第1弾『GODZILLA ゴジラ』(2014年)、第2弾『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年)に続く3作目で、次はキングコングと戦うことがアナウンスされている。

(本ランキングは、5/31(金)、6/1(土)、に公開された新作映画10本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)