音楽、ゲーム情報
*

志尊淳と6人の女優が絡み合う 『潤一』予告編&場面写真公開(ぴあ)

(公開: 2019年06月07日)

[ 元の記事 ]
出典元: 『潤一』

直木賞作家・井上荒野原作のドラマ『潤一』が、配信・放送に先駆け、6月14日(金)より、丸の内ピカデリーにて1週間期間限定で先行公開される。この度、『潤一』の予告編、および場面写真が公開された。

その他場面写真(全13枚)

『潤一』は、カンヌ国際映画祭の最高賞に輝いた『万引き家族』の監督・是枝裕和を中心に設立された制作者集団“分福”が手がけるプロジェクト。『歩いても歩いても』以降の全ての是枝作品を支えてきた北原栄治と、是枝の愛弟子で『夜明け』の広瀬奈々子が監督を務める。脚本は同じく、分福の砂田麻美(『エンディングノート』)。

志尊淳が演じるのは、6人の女性たちを虜にする妖艶な青年・潤一。志尊は本作で自身初となるヌードに挑戦し、官能的なベッドシーンを披露する。潤一の虜となる女性をそれぞれ演じるのは、藤井美菜、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子だ。

この度公開された予告編は、「何て言うの? 下の名前」「潤一」というやり取りから始まる。6人の女たちの目の前に現れ、そして虜にしていく潤一のはかなげな姿を映し出した後、女たちの寂し気な表情を映し出す。潤一と出会い、刹那的に輝きを取り戻した女たちは潤一と口づけを交わし、一夜をともにする。ヌードに挑戦した志尊を中心に、蒔田が制服を脱ぐシーン、夏帆や伊藤のキスシーン、藤井や江口が演じたベッドシーン、さらに未亡人を演じる原田が、自転車を漕ぐ潤一の背中で笑顔を見せる印象的な場面が切り取られた。

また、志尊の上半身バックショットをはじめとした、本作の場面写真も公開されている。

『潤一』
丸の内ピカデリーにて6月14日(金)より1週間限定公開