音楽、ゲーム情報
*

犬飼貴丈が武田航平に「茶々おじさん」発言! 『GOZEN-純恋の剣-』完成披露舞台挨拶(ぴあ)

(公開: 2019年06月22日)




[ 元の記事 ]
出典元: 『GOZEN-御前試合-』完成披露舞台挨拶の様子

映画と舞台を完全連動させる新プロジェクト“東映ムビ×ステ”の第1弾として制作された映画『GOZEN-純恋の剣-』。今作の完成披露舞台挨拶に、犬飼貴丈、優希美青、武田航平、前山剛久、井澤勇貴、松本寛也、井俣太良、元木聖也、矢崎広らが登壇した。

その他の画像

映画に主演した犬飼は「映画と舞台が連動している企画は、東映さんにとって新たな挑戦。その場に僕に声をかけてくれたのが嬉しい。これからどう広がっていくのか楽しみです」と意欲満々。

さらにヒロインを演じた優希との撮影のエピソードを聞かれ、「スケジュールがタイトであまりコミュニケーションが取れなかったのが心残り」と話すと、武田がすかさず「陰でなんかしてたんじゃないの?」と猛ツッコミ。普段から武田と仲の良い犬飼は、「茶々をいれないで! 茶々おじさん黙ってて!」と一蹴した。

すると武田は負けじと「俺よりおじさんいるし!」と井俣に視線を送り、いきなりの飛び火に井俣はビックリの様子。隣に立つ松本とともにバタバタとしていると、自分で振ったにもかかわらず武田が「茶番はいいですわ!」とバッサリ斬り、会場は大爆笑に包まれた。

その後、紅一点の優希が、「もし御前試合に出るとしたら、この中の誰を相手にして斬りたいか」という質問に、「松本さん」と即答。優希との共演シーンはなく、この日がほぼ初対面だった松本は驚きながらも「ほぼほぼ初対面なんですよ! でも光栄です! 名前を憶えてもらえて嬉しいです!」と戸惑いながらも喜んでいた。

今回男性メンバーに出されたお題は、「御前試合に出るとしたら、これなら殿の前でも勝負ができる」というもの。井澤は「小学3年生の頃から習っているダンスは、他の男性メンバーに負けたくない」と語る。前山は「ゲームがめっちゃ好きなので、負けないと思います。……『マリオテニス』なら!」と話し、「このメンツならボコボコにするよ!」と勝利宣言。武田は「仮面ライダーに変身した回数です。僕は仮面ライダーの俳優なので今回変身できなかったのが辛かったですね」と言うと、司会から「変身してもいいんですよ」と言われ、「絶対にしません!」と返し爆笑を誘った。

続いて井俣は「仮面ライダー繋がりでいうなら、亀の飼育ですかね……。僕はこの中で年齢も勝てないし、ダンスもできない。身体もそんなに動かないので、勝てるのは生き物を愛でる心! それだけは負けない!」と声高に宣言。松本は「僕は身体の悪い箇所がたくさんあるんですよ……。ヘルニアもぎっくり腰もあるし、最近は背中にイボができちゃって、すぐ取りたいんですよね」とぼやき、他の共演者がざわつき始めると、「でも、航平くんが仮面ライダーに変身した回数で思い出したんですが、僕もスーパー戦隊の作品に携わった数No.1だと思います!」と話し、会場中から「おお~」と感嘆の声が上がっていた。

アクロバットが得意な元木は「僕は身体を動かすことに関しては負けないかな」と話し、矢崎は「僕は『ポケモンGO』のランクは負けません! 今レベルは40。移動も多いので、ご当地ポケモンをたくさん持っています」と嬉しそうに語った。そして最後の犬飼は、「僕はゲームも好きですしアニメや漫画、音楽の知識はわりとある方だと思います。みんなからいろいろ面白い回答が出てきたので、ボケるのをやめました」と笑いながら話していた。

この映画『GOZEN -御前試合-』は、秋に幕が上がる舞台『GOZEN-狂乱の剣-』へと続くもの。舞台の主演を務める矢崎は「映画で描かれていない部分を舞台でやるだけでなく、もっと広がると思うので、両方で『GOZEN』の世界観を楽しんでもらえたら」と紹介。さらに「映画を存分に楽しんでもらい、この世界観を持って舞台に来てもらえたらと思います。劇場でお待ちしています」と話した。

最後に犬飼は、「映画はもちろん、舞台もしっかりとやってくださるということで、うまく映画からバトンを渡せたんじゃないかなと思っています。映画も舞台も何回も見ていただければと思います」と締めた。

映画『GOZEN-御前試合-』
7月5日(金)より全国公開

取材・文:吉田可奈