音楽、ゲーム情報
*

ティム・バートン監督が空を飛ぶ!? 『ダンボ』NGシーン集公開(ぴあ)

(公開: 2019年07月01日)




[ 元の記事 ]
出典元: 『ダンボ』

ディズニーとティム・バートン監督が、オリジナル脚本で贈る新たな感動のファンタジー・アドベンチャー『ダンボ』が、7月17日(水)にMovieNEXと4K UHD MovieNEXで発売開始。この度、MovieNEXのボーナス・コンテンツに収録されている映像の中から、豪華キャスト陣の素顔がたくさん見られるNGシーン集が公開された。

『ダンボ』NGシーン集

ウォルト・ディズニーが手がけた、世代を超えて愛され続ける名作アニメーション『ダンボ』を、『シザーハンズ』や『チャーリーとチョコレート工場』など、強い個性を持つキャラクターたちを独特なストーリー展開で描いてきたバートン監督が見事に実写映画化した本作。

公開された映像で、軽快なサーカス風の音楽にのせてまず登場するのは、笑顔で動き回るホルト役のコリン・ファレルだ。彼の子供のミリーとジョーを演じたニコ・パーカーとフィンリー・ホビンスは、ダンボに乗って飛ぶシーンの裏側で、まるでアトラクションに乗っているかのように楽しそうな表情を見せる。

メディチ・ブラザーズ・サーカスの団長マックス・メディチ役のダニー・デヴィートは、「何?」と言いながら堪えきれずに笑ってしまったり、サーカス団のロンゴが演技に失敗した時には悪戯っ子のような顔をしたり、泡風呂のシーンでは大爆笑したりと、団長らしく?現場を和ませる一面を見せている。ちなみにこの泡風呂のシーンは、ファレルがインタビューでお気に入りのシーンのひとつに挙げており、「泡だらけのダニーは何度見ても笑える」と大絶賛している。

そして、映像の1番の見どころは、要所要所に登場するバートン監督だ。キートンへ声をかけて笑わせたり、撮影セットのダンボに乗って今にも空を飛びそうな姿も披露。風が吹いている中、こちらへ挨拶するかのように手を振ってみせるバートンは、実は撮影現場を1番楽しんでいる人物なのではないかと思ってしまう。本作は“家族の絆”がキーワードとなっているが、豪華キャスト陣や監督も、現場で家族のように和気あいあいとした空気が伝わってくる。

今回発売のMovieNEXには、“ようこそ! サーカスの世界へ”や“メイキング・オブ『ダンボ』”、“アニメーション映画『ダンボ』へのオマージュ”、エンドソング『ベイビー・マイン』を担当したアーケイド・ファイアのミュージックビデオなど、貴重なボーナス・コンテンツも多数収録されている。また、デジタル配信(購入)には限定で、作中の魅惑的な“ドリームランド”のシーンを解説した“「ドリームランド」へようこそ!”が収録され、MovieNEXとデジタル配信では、それぞれ異なるコンテンツを楽しむことができる。

さらに、すべてのディズニー、ディズニー/ピクサーのMovieNEX・ブルーレイ・DVDを購入すると、先着で“オリジナル トイ・ストーリーレジャーシート”がもらえる『ディズニー MovieNEX・ブルーレイ・DVD サマー・キャンペーン』が7月3日(水)よりスタートする。

『ダンボ』
7月17日(水)よりMovieNEX(4,200円+税)、4K UHD MovieNEX(8,000円+税)発売
7月3日(水)より先行デジタル配信開始