音楽、ゲーム情報
*

犬飼貴丈など若手俳優たちが出演 『GOZEN-純恋の剣-』で命をかけた斬り合いに挑む(ぴあ)

(公開: 2019年07月08日)




[ 元の記事 ]
出典元: (C)2019 toei-movie-st

映画と舞台を完全連動させる新企画【東映 ムビ×ステ】第1弾となる、映画『GOZEN-純恋の剣-』が公開中、そして舞台『GOZEN-狂乱の剣-』が9月12日(木)に上演される。映画、舞台を通じて描かれるのは、江戸時代に8人の男たちが臨む“御前試合”。命をかけた攻防と、試合の出場者たちの秘めた想いが鮮烈に描かれる。

映画『GOZEN-純恋の剣-』の主人公は、幕府の隠密・青山凛ノ介。北陸の府月藩に潜入し、藩の動向を探っていた彼は、殿の前で武芸を競う御前試合に参加することになったが、その試合とは隠密たちを炙り出して公開処刑するために藩主が企んだ死の宴だった。様々な思惑が交錯する中、8人の試合出場者の戦いと、それぞれの想いが映し出されていく。

主人公・青山凛ノ介を演じるのは、『仮面ライダービルド』主演や『獣になれない私たち』で注目を浴びた犬飼貴丈。凛ノ介と恋に落ちるヒロイン・神谷八重を、映画『ちはやふる-結び-』や『ママレード・ボーイ』の優希美青が扮する。そして凛ノ介の“恋仇”となる狂気の剣士・寺脇甚八郎には、犬飼と『仮面ライダービルド』に続いての共演となる武田航平が演じる。

このほか、矢崎広(ミュージカル『薄桜鬼』)、前山剛久(「舞台『刀剣乱舞悲伝』結の目の不如帰」)、井澤勇貴(映画・舞台『MESSAIAH PROJECT メサイア・プロジェクト』)、松本寛也(『特命戦隊ゴーバスターズ』)、井俣太良(『仮面ライダードライブ』)、元木聖也(『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』)、小野塚勇人(『仮面ライダーエグゼイド』)、町井祥真(『仮面ライダーエグゼイド』)、松村龍之介(舞台『戦国BASARA』シリーズ)、菊地美香(『特捜戦隊デカレンジャー』)、久保田悠来(『仮面ライダー鎧武/ガイム』)などなど、舞台や特撮作品で活躍した俳優たちが集結した。

監督を務めるのは、『平成仮面ライダーシリーズ』をヒットに導き、多くの若手俳優たちを育てた石田秀範監督。石田監督の手によって、新プロジェクト【東映 ムビ×ステ】で躍動する若手たちに注目だ。

映画『GOZEN-純恋の剣-』
公開中