音楽、ゲーム情報
*

麻布学園OBオーケストラ特別演奏会2019 鈴木優人と山下洋輔の共演によるガーシュウィンは要チェック!(ぴあ)

(公開: 2019年08月08日)

[ 元の記事 ]
出典元: 麻布学園OBオーケストラ特別演奏会2019

東京の中高一貫名門校「麻布学園」のOBが集まったオーケストラが、サントリーホールで特別演奏会を開催する。指揮は今をときめく若手のホープ鈴木優人(2000年卒)。そしてソリストにはジャズ・ピアノの重鎮・山下洋輔(1969年卒)を迎えた公演は、麻布学園関係者ならずとも聴いてみたい。

その他の写真

このオーケストラは、2014年に麻布学園管弦楽部のOBが中心となって創設。個人の自由を尊重する伝統から、個性的な人材を数多く輩出している麻布学園のOBには音楽関係者も少なくない。前述の2人(鈴木優人&山下洋輔)以外のメンバーもまさに多士済々。プロのアーティストや大学オケの現役メンバーに一般社会人&研究者などなど。音楽と母校を愛する団員たちの醸し出す雰囲気は実に独特だ。

今回のプログラムには、新進作曲家・黒田崇宏(2008年卒)の世界初演作品と、山下洋輔をソリストに迎えたガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』。休憩を挟んだ後半は、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」という実に聴き応えの曲目が並んでいる。さてさて、鈴木優人のドライブによって、個性派集団がどのような音をかもし出すのか乞うご期待。これぞまさに「夏の夜の夢」とでも言えそうなひとときだ。

●公演概要
8月12日(月・祝)サントリーホール大ホール
麻布学園OBオーケストラ 特別演奏会2019

●鈴木優人(指揮)
1981年オランダ生まれ。東京藝術大学及び同大学院修了。オランダ・ハーグ王立音楽院修了。第18回ホテルオークラ音楽賞受賞。
2018年9月よりバッハ・コレギウム・ジャパン首席指揮者に就任。音楽監督を務めるアンサンブル・ジェネシスでは、オリジナル楽器でバロックから現代音楽まで意欲的なプログラムを展開する。指揮者としてアンサンブル金沢、九州交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団、読売日本交響楽団等と共演。今年11月にはNHK交響楽団にも初登場予定。2017年11月には、モンテヴェルディ生誕450周年を記念し、歌劇『ポッペアの戴冠』を国際的で魅力に富む歌手陣で上演。高い芸術性と優れたキャスティングを生かした躍動感を伴った上演はバロック・オペラの新機軸として高い評価を得た。
作曲家としても数々の委嘱を受けると同時に、J.S.バッハBWV190喪失楽章の復元や(Carus)、モーツァルト『レクイエム』の補筆・校訂が(Schott Music)、高い評価を得ている。
NHKFMの「古楽の楽しみ」に解説者としてレギュラー出演。チェンバロ・ソロのCD「rencontre」は各紙で絶賛されている。調布国際音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー、舞台演出、企画プロデュース、作曲とその活動に垣根はなく各方面から大きな期待が寄せられている。

●山下洋輔(ピアノ)
1969年、山下洋輔トリオを結成、フリー・フォームのエネルギッシュな演奏でジャズ界に大きな衝撃を与える。国内外の一流ジャズ・アーティストとはもとより、和太鼓やシンフォニー・オーケストラとの共演など活動の幅を広げる。1988年、山下洋輔ニューヨーク・トリオを結成。国内のみならず世界各国で演奏活動を展開する。
1999年芸術選奨文部大臣賞、2003年紫綬褒章、2012年旭日小綬章受章。
国立音楽大学招聘教授。演奏活動のかたわら、多数の著書を持つエッセイストとしても知られる。