音楽、ゲーム情報
*

ヒットメイカーが集結! 大作アニメーション『二ノ国』が公開中(ぴあ)

(公開: 2019年08月27日)




[ 元の記事 ]
出典元: 『二ノ国』

アニメーション映画『二ノ国』が先週末から公開をスタートした。本作は『レイトン』シリーズなどを手がける日野晃博、スタジオジブリ出身の百瀬義行監督、日本を代表する音楽家のひとり久石譲がタッグを組んだ大作で、現実(一ノ国)と魔法の世界“二ノ国”の間を行き来しながら壮大な冒険が描かれる。

その他の場面写真

かつて『二の国』と題したゲームソフトが発売され人気を博したが、ゲームを手がけた日野、百瀬、久石が再び集結して完全オリジナルの物語を描いたのが映画『二ノ国』だ。

同じ高校に通うユウと、ハル、そしてハルの恋人でもあるコトナは親友として穏やかな日々を送っていたが、ある日、ユウとハルは現実ではない不思議な世界“二ノ国”に迷いこみ、そこでコトナにそっくりのアーシャ姫に出会う。どうやら、一ノ国と二ノ国の間には不思議な関係があり、どちらかで尽きてしまうはずの命を救うと、もう一方の世界が代償を支払うことになるという。そこでふたりはアーシャ姫に呪いがかけられていることを知る。もし、アーシャ姫を助ければ、一ノ国のコトナが代償として命を失うことになるだろう。姫に惹かれたユウと、恋人を守りたいハルは対立する。親友だったふたりが下した決断とは?

本作で製作総指揮と原案、脚本を手がけた日野が率いるレベルファイブは『妖怪ウォッチ』『イナズマイレブン』『ダンボール戦機』などゲーム、アニメ、コミックなどを多角的に計画・展開して、作品をより深く、長く楽しめるように活動しているスタジオだが、今回の映画はゲームと同時期に計画されたものではなく、本作のために改めて執筆された物語を描いている。

そこで描かれるのは、剣や魔法、愛らしい生き物が登場し、息をのむほど美しい世界が広がるファンタジックな世界だが、主人公たちは現実の世界(一ノ国)との間を行き来することで、“遠い世界の危機”ではなく、自分たちにとって切実な問題や試練に立ち向かうことになる。幅広い年齢層が楽しめるように創作しつつ、絵空事ではないメッセージを盛り込む……レベルファイブがこれまで手がけてきたゲーム、アニメと同様の魅力が本作にもつまっている。

なお、山崎賢人が主人公ユウの声を演じるほか、新田真剣佑、永野芽郁、ムロツヨシ、伊武雅刀、宮野真守、津田健次郎、坂本真綾、梶裕貴、山寺宏一ら豪華キャストが集結しているのも注目だ。

『二ノ国』
公開中