音楽、ゲーム情報
*

三谷幸喜監督の新作『記憶にございません!』が動員ランキング初登場1位!(ぴあ)

(公開: 2019年09月19日)




[ 元の記事 ]
出典元: 『記憶にございません!』 (C)2019フジテレビ 東宝

9月14日、15日の全国映画動員ランキングは、日本の政界を舞台にした三谷幸喜監督の新作『記憶にございません!』(全国352館)が初登場で首位を飾った。

その他の作品写真

公開2週目の『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』(全国292館)は先週1位から2位に。公開9週目の『天気の子』(全国365館)は先週2位から3位になった。

太宰治の名作が誕生した舞台裏を虚実を交えて描いた蜷川実花監督の『人間失格 太宰治と3人の女たち』(全国320館)は初登場4位。公開6週目の『ライオン・キング』(全国373館)は先週3位から5位になった。

公開4週目の『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(全国314館)は先週4位から6位に。そのほか新作では犬と恩人である飼い主の絆を描いた感動作の続編『僕のワンダフル・ジャーニー』(全国254館)が初登場7位に入った。また、公開2週目の『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -』(全国83館)は先週6位から8位になった。

次週は『アイネクライネナハトムジーク』『アド・アストラ』『アナベル 死霊博物館』『3人の信長』『HELLO WORLD』『見えない目撃者』などが封切られる。

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)
1位『記憶にございません!』
2位『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』
3位『天気の子』
4位『人間失格 太宰治と3人の女たち』
5位『ライオン・キング』
6位『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
7位『僕のワンダフル・ジャーニー』
8位『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -』
9位『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』
10位『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』