音楽、ゲーム情報
*

坂口健太郎、撮影中に約20分涙が止まらず! 『劇場版 そして、生きる』フィリピンロケのエピソードを告白(ぴあ)

(公開: 2019年09月29日)

[ 元の記事 ]
出典元: 劇場版『そして、生きる』舞台挨拶の様子

有村架純、坂口健太郎主演でWOWOWにて全6話で放送されたドラマを135分の劇場版に再編集した『劇場版 そして、生きる』が9月27日に公開を迎え、有村、坂口、月川翔監督がそろって舞台挨拶に登壇。東北、そしてフィリピンでのロケのエピソードなどを語った。

その他の画像

有村主演のNHKの朝ドラ『ひよっこ』でも知られる脚本家・岡田惠和のオリジナル脚本で、東日本大震災のボランティア活動を通じて出会った瞳子と清隆を中心に、彼らの人生の選択を描いていく本作。東北の被災地、さらにフィリピンでも撮影が行なわれたが、有村は実際に被災地で撮影することで「スタジオやセットでは絶対に生まれない感情が生まれ、その温かい空気感に力をもらいました」と述懐。特に、知英が演じた瞳子の親友・ハンとのシーンに触れ、「ドキュメンタリーっぽく、生々しく撮りたいということだったんですが、(その場に)立ってみてお芝居しないと分からないことがたくさんあって、ハンちゃんとのやり取りの中で瞳子が完成されていったところがあると思う」と語った。

一方、坂口はフィリピンでクランクアップを迎えたが、劇中、タガログ語の長いセリフも披露している。このシーンに関してその場にいなかった有村も興味津々のようで、「あのシーン、頭の中はどうだったの? どうやったの?」と坂口を質問攻め! 坂口は「どうやってましたっけ……(笑)?」と困惑しつつ「耳で聞いて、あとは(共演したフィリピン人の)子役たちも、僕からすると先生みたいなもので、『これでいい?』と聞いてました」と明かす。

月川監督は「前日の読み合わせでも危うくて、(紙を)見ながらでもダメだったので、どうしようかと思っていた」とふり返ったが、当日は、一発でOKが出たそうで「暑かったので、スタッフも助かりました」と坂口の勝負強さを讃えていた。

フィリピンでの撮影では、清隆が爆発事件に巻き込まれるシーンがあり、さらに、運び込まれた病院でその事件のニュースを見るというシーンも撮影されたが、ここで坂口は、劇中でも使用されているニュース画面を見ながら、本当に涙が止まらなくなったという。「自分でもよく分からないんですが、すごく悲しいことだなと感じて、カットがかかってからも20分くらい泣き通しでした。これまでお芝居をやってきて、なかなかない不思議な感覚でした」と明かしていた。

『劇場版 そして、生きる』
全国公開中

取材・文・写真:黒豆直樹