音楽、ゲーム情報
*

御園座で『第五十回記念 吉例顔見世』が開幕(ぴあ)

(公開: 2019年10月03日)

[ 元の記事 ]
出典元: 『第五十回記念 吉例顔見世』

昨年4月に新しく建てかわった名古屋・御園座で本日10月2日から始まる吉例顔見世は、節目となる第五十回記念。片岡仁左衛門、中村梅玉、片岡秀太郎ら重鎮が顔を揃え、初音ミクとの競演が話題を呼んだ『超歌舞伎』に出演した中村獅童や澤村国矢も参加している。

昼の部は『狐と笛吹き(きつねとふえふき)』と『双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)』。相撲好きの人にぜひ観てもらいたいのが『双蝶々曲輪日記』だ。八百長を巡る力士の苦悩が描かれる〈角力場(すもうば)〉、罪を犯し捕らえられる直前の親子の別れを描いた〈引窓(ひきまど)〉に加え、今回は上演機会の少ない〈難波裏(なんばうら)〉も観ることができる。『狐と笛吹き』も久しぶりの上演。今昔物語を題材にした北條秀司の作品で、愛妻を失った楽師(梅玉)と狐の化身(中村雀右衛門)との魂の交流を描いている。

夜の部は『碁太平記白石噺(ごたいへいきしらいしばなし)』『身替座禅(みがわりざぜん)』に『瞼の母』の3本。『身替座禅』は恐妻家の山蔭右京(仁左衛門)が奥方(中村鴈治郎)を騙して浮気相手に会いに行くも、ウソがばれてやりこめられる一幕で、右京の憎めない艶っぽさと、悋気ながらも夫一途な奥方のかわいらしさに思わず顔がほころぶ。『碁太平記白石噺』は、田舎から出てきた妹・信夫(片岡孝太郎)が吉原で傾城・宮城野となった姉おきの(雀右衛門)と巡り合い、ふたりで父の仇を討とうとする〈新吉原揚屋の場〉が上演される。『瞼の母』は股旅もので長谷川伸の名作。幼い頃に生き別れた母親を探し出して親子の名乗りがしたい忠太郎(獅童)の純情に対し、おはま(秀太郎)は極道となった息子を警戒し、素直に「母だ」と言えない。獅童は忠太郎を2011年に初役で務めて以来当たり役としており、今回が4度目。公演は26日(土)まで。

文:仲野マリ